見立て

日本語。綺麗ですよね。
日本らしい言葉だと思います。
見立て。みたてる

イメージすること。
すべては説明してはいけなくて、
足りないところは、受け手にゆだねる。補ってもらう。

たとえば盆栽。
そこに森も、自然万物も、宇宙まで感じることができる、そうです。

たとえば枯山水。
岩を山に、見立て、
水がないところに水の流れを感じさせる。

たとえば庭園、茶室の小窓。。。
・・・などなど、様々、あります。

すべてを説明してはいけない。
あえて、隠すといいますか。。。
正面切ってはっきり言わないことを良しとする、
日本人の性質?とでもいうものが、ここにもあります。

最近の、何でも“見える化”しているのとは、真逆。
わからない人は、わかってくれなくていい、っていう
ある意味いさぎよいといいますか。。。

なんでわかってくれないの~!とやきもきすることもなく。

そして、あるもので、ないものを表現する。
そこにないものに思いをはせる。

ちょっと切ない気もしますが、すごい空想、発想、妄想?力ですよね。

見立てる。
生活の中にもまだまだありそうですね。
部屋にも、取り入れることができそうです。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です