夏の落とし物

数字の上ではもう8月。
このところずーーーっと暑いので、まだ8月?という気にもなりますが。
すでにクマゼミやツクツクボウシが鳴いているので
気分的には夏の終わりで…ちょっと脳がバグってます。(笑)

そして道端に、早くも夏の落とし物。
・蝉の抜け殻
・蝉本体
・子カマキリ
  :
きっと他にもあるのでしょうけれど、通勤途中で見つけたのはこの3つ。

蝉の抜け殻は…子供のころは見つけると大喜びで、宝物のように集めていた記憶があります。
(そしてすぐに手がとれ脚がとれ、土に還すという…笑💧)
地面に穴がぼこぼこ開いているところがあったので、
長年、こんなところにいたのね…と、しみじみ思ったり。
この地面の下をいまでもこの子らが蠢いているのかと思うと
それもちょっと、ぞっとしたりして。(笑)

そして、蝉本体。

アブラゼミとミンミンゼミは、やたら目にするのですが、
ニイニイゼミは、実際にお目にかかるのも初めてだったかもしれません。

   この中にいます。(笑)

羽もまだら模様で色がついているので、幹にとまっていてもほとんど見つけられず。
こうしてアスファルトにいても、落ち葉に紛れて危うく踏みそうになるくらいで。💧
なかなか、レアな出会いでした。

そして、そのすぐ傍で、ふと目が合った子カマキリ。
1匹いるということは、きっとたくさんの子が近くにいるのでしょう。
でも、たくさん生まれても、大きくなれるのは少数なんですよね、きっと。

なんか、自然って、たくましいですね。
改めて思います。
この猛暑の中でも、ガンガン鳴いて、飛び回って、懸命に生きていて。
植物なんて、動くこともできずにギラギラした日差しを浴びて。
私たちはその陰で涼ませてもらって。

少しは、自然にいいこと、したいな、と思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA