神様との経緯 その7

私が神様を感じるようになったこと、
また、神様は見えませんが、神様とやりとりできた(気がする、そう感じた)こと
について紹介していきたいと思います。

―——とある日曜日。
礼拝に行く途中、ひらひらと蝶が目の前を横切りました。

よく見ると、それは私の大好きなアオスジアゲハ。
小さい時、生まれて初めてひとりで採ったアゲハチョウが、このアオスジアゲハでした。
名前のとおり、羽にはきれいな青緑色というか空色?が帯状に入っている、きれいなアゲハです。
そんなアオスジアゲハを久しぶりに見つけて喜んでいたのですが。

そのアオスジアゲハ、結構長い間、私の前を行ったり来たりしながら飛んで、先導してくれたのです。
交通量も多い大通り沿いの、花や緑もさほど多くない歩道を。

見つけただけでも嬉しかったのに、一緒に教会に行ってくれるなんて。
こんなふうに神様も共にしてくださって、
礼拝に行くことを楽しみにしてくださってるんだなーと思って感謝して、
その日はとてもご機嫌に過ごしました。

で。
ここで終わりではなく。

その次の週の日曜日。
礼拝に遅刻しそうになりつつ、道を急いでいると、
また、飛んできました。
アオスジアゲハ。
そしてまた、私の前や周りを飛びながら、行く道を同行してくれたんです。

このように、いつも共にしているよ
側にいるよ、と、
礼拝に来てくれて嬉しいよ、一緒に行こう
とでも言わんばかりに。

それも、一度ではなく二度までも。

偶然、と思うかもしれませんが、
こんな街中で、それも同じ日曜日に、かつ、遅刻ギリの私にタイミングを合わせる、とか、
偶然にしては出来過ぎでしょう。。。(笑)
やっぱり、神様だと思わざるを得ません。
それも、
私しか知らない、私にしかわからない、経緯のある蝶を使って。

神様は必ずそうだ、というときには、二度、見せてくださいます。
ギデオンが、神様に二度しるしを求めてそれに応えてくださったように。
(士師記6章36節~)

そんな、神様のはたらき。
以前にもお伝えしたかもしれませんが、
それぞれ各々に合わせて、
自分にしかわからない方法で、
今、この瞬間も
メッセージを伝えてくださっている、かもしれません。。。

ぜひ、探してみてください。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です