神様との経緯 その9

仕事帰り。疲れて、ああもう嫌だーっ!と思うときに限って、

天を仰ぐとそこに、月。

月暦とか月齢とか、チェックすることなんてないのですが、

この時間帯の、この場所のこのタイミングで、この、細さ。(笑)

わかります?

三日月、といえるほどの太さもなく、ほそーい、でも、月。

ここに、丸い天体が浮かんでいる証拠でもあり。

心も体も疲れて自暴自棄になりそうだった、のも、この月を見ているうちに和らいできました。

“いつも 近くで見ているよ”

“ずっと ここにいるよ”

“すべて わかっているから”

ふう、と肩の力が抜けて、心も軽くなります。

そうでした、神様聖霊様がいつもそばにいるのでした。

それを思い出すきっかけを与えてくれる、これがいつも共にしているしるしなんだと、思います。

にしても月、細っ!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です